骨盤のゆがみがもたらす様々な体の不調・・・

kotsubanなんだか体調が良くない、子供を産んでから特に痩せにくくなったし、
太りやすくもなった。

歳のせい?疲れのせい?

その体調不良や体質の変化の原因はもしかすると、
骨盤のゆがみにあるかもしれませんよ。
ここでは、骨盤のゆがみがもたらす様々な体調不良やゆがみの原因、歪みからおこる症状についてご紹介しています。

骨盤のゆがみがもたらす体の不調とは?
・頭痛、めまい
骨盤がゆがんでいることが原因で頭痛やめまいを起こすことがあります。
骨盤は頭がい骨と密接な関係にあることが頭痛の原因であり、
骨盤がゆがむことで背骨にもゆがみが生じ平行失調を生じるとめまいにもつながります。
・肩こり
骨盤のゆがみが肩こりの原因かもしれません。
左右の方の高さが違っていれば、それは骨盤がゆがんでいる証拠です。
・腰痛
骨盤にゆがみがあると腰痛を生じる場合があります。
骨盤がゆがんでいることで腰回りの神経が圧迫されるのが原因です。
また、足の付け根部分も同じように神経が圧迫されることで痛みが出る場合があります。
・顔のゆがみ
骨盤のゆがみは背骨、頭がい骨のゆがみにもつながり顔のゆがみの原因にもなります。
顔のゆがみは左右の頬骨の高さや目の位置、ほうれい線のしわの深さの違いなどに表れます。
・自律神経の乱れ
骨盤がゆがむことで血の流れが悪くなり、代謝が悪くなることで自律神経の言誰につながります。
訳もなくイライラする、緊張感が続く、十分睡眠をとっているのに疲れがとれないなどの症状が表れます。
・生理不順
骨盤のゆがみは血流を悪くします。
血流が悪くなることで生理不順をもたらす他にも、生理痛をひどくさせてしまいます。
・太りやすく痩せにくくなる
骨盤がゆがむことで血流が悪くなると代謝まで低下します。
そのため、老廃物や水分がたまり、脂肪が付きやすくなるため、
太りやすく痩せにくい体質に変えてしまいます。

骨盤のゆがみの原因
・産後である
・足を組んで座る癖がある
・同じ手でいつも荷物を持ってしまう
・うつ伏せになって寝る
出産によって骨盤のゆがみが生じやすいと言われていますが、
それ以外にも日常のくせや習慣によって骨盤はゆがんでしまう傾向にあります。

骨盤のゆがみのセルフチェック
・お尻が横広くなった
・スカートがクルっと回ってしまう
・何でもないところでツマヅイテしまう
・足を組んでいる方が楽
・左右のお尻の位置が違う
・肩の高さが違う
・顔のゆがみが気になる
骨盤のゆがみは体全体のゆがみにつながります。